FC2ブログ

*All archives* |  *Admin*

2020/05
<<04  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  06>>
37型液晶テレビ パナソニック対シャープ
8月9日、パナソニックの大型テレビに関する情報の新聞発表がありました。中でも目を引いたのは今までプラズマしか製造していなかった37型のモデルに新しく液晶を投入してきたことではないでしょうか。大画面はプラズマが絶対優位と言っていた松下としては「もはや37型は大型ではない」との判断かもしれません。

そこで37型液晶の発売メーカーとしては後発となる立場で、どのような優位点があるのか実際の37型のパナソニックとシャープの画像を比較して見ました。

パナソニック
       パナソニック TH-37LZ75

シャープ
         シャープ 37型
まず、液晶テレビの欠点である残像感ですが、両者を比較するとパナソニックの方が残像感の軽減では勝っています。文字の横移動で見ると明瞭に文字を読むことの出来るのはパナソニックの方です。また、視野角の問題(正面以外から画面を見たときの見え方)でもパナソニックの方が良好な視野角が広く、しかもシャープは角度を外すと白霞状態になってしまいます。

総じて、「液晶パネルはシャープ」という決まり文句があるものの、デジタル処理の技術ではパナソニックのほうに軍配があがり、結果としてきれいな画面作りではパナソニックの方が優位という事になるようです。

どこの液晶テレビがいいかと迷っておられたら、パナソニックをお選びください。自信を持ってお薦めできます
Secret
(非公開コメント受付中)

プロフィール

sift

Author:sift
旧中山道の板橋宿不動通り商店街にある60才以上のシニアの方の為のコミュニティーサロンの「樅の木茶屋」。人生を楽しむ為のスポットとして平成24年1月27日に開業しました。
ここにまつわること、その他いろいろなことを日々綴りたいと思います。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク