FC2ブログ

*All archives* |  *Admin*

2020/05
<<04  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  06>>
調律
今日、サロンの終了後、昭和32年製のピアノの調律がありました。樅の木放課後教室のピアノの教室で使われるピアノですが、調律にまつわる様々なお話を調律師の方から伺いました。

調律はまさにピアノとの対話で、ピアノの木やビスの調子を感じながら行う繊細な仕事です。そのピアノの調律の話から始まって、いままで調律してきた様々なピアノの歴史まで、とても興味深い話でした。古いものでは昭和11年製のものもあって、復元に近い修理を必要とするものもあったそうです。現在のヤマハ、カワイなどの部品が使えないものは手作りしなければならないものもあるらしく、大変な費用もかかるとのことです。

戦前はそれこそピアノは大量生産されていないので大変高価なもので数も少なく、特に東京ではほとんど焼けてしまいあまり残っていないそうです。今まで調律したものも地方に疎開と一緒に運び出されていたもので希少価値が高いとのこと。

調律を終えたピアノは再び息を吹き返しました。今のピアノとは違う非常にいい音をしているそうです。その音色を楽しめる日がもうすぐやってくると思います。
Secret
(非公開コメント受付中)

プロフィール

sift

Author:sift
旧中山道の板橋宿不動通り商店街にある60才以上のシニアの方の為のコミュニティーサロンの「樅の木茶屋」。人生を楽しむ為のスポットとして平成24年1月27日に開業しました。
ここにまつわること、その他いろいろなことを日々綴りたいと思います。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク