FC2ブログ

*All archives* |  *Admin*

2020/09
<<08  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  10>>
開業して1年がたちました
久しぶりの日記です。「樅の木茶屋」が営業を始めて1年がたちました。この一年、試行錯誤で料金体系から飲食の提供の仕方までいろいろと変わってきました。でも変わらないのは理念です。

フランスの「芸術家の家」という番組が以前NHKで放送されました。ある高齢者用のホームで高齢になった芸術家達が絵画制作や楽器演奏を続けながら思い思いに暮らしているのですが、その様子を見てこれからの高齢者の理想的な暮らしを想像しました。様々な人と交流しながら自分のやりたいことが続けられ、心地よい自分の居場所があり、しかもそれが健康に配慮された環境であればきっと幸せに暮らしていけるだろうと。

ここはとある富豪が自分の屋敷を芸術家のための家にするようにという遺言を残したことによって作られた家なので、比べようもなく贅沢な環境なのですが、可能な限り理想にに近づけた形を作れば、身近なところにも憩える場所ができるのではないかと考えて始めたのが「樅の木茶屋」の原点です。

これからはどんどん高齢者が増え、やがて自分もその仲間入りをします。そうなったときに自分も満足して利用できる場所なのか。それが判断の基準です。欲を言えばそこに住まいがあればいうことはありません。サロンが順調にいけば、同じ建物にある賃貸住宅を高齢者専用住宅にしたいという願いもあります。

現在は、60才以上の方が趣味の活動やマシントレーニングを含めた体操などを自由に取り入れながら、食事やおやつなどの飲食もお好みでしていただき、1日心が憩える場として活用していただくサロンとして営業しています。個性豊かな諸先輩方々であるメンバー様に助けられ、サロンも一歩ずつ成長しています。

今後は、人々と交流しながらも、一人でも過ごせる空間をいかにして作ってゆくかと、リクリエーションに加え更なる文化的な自己実現をどのように図ってゆくか、食事などの飲食についても自由で楽しい形態はどういうものかなど、もっともっと考える事があります。通いにくい方の為には送迎等も実現しなければなりません。

一人の人間として満足できる空間を得られるようにするにはどうすればいいのか、まだ試行錯誤は続きます。地域に支持されるサロンとして内容を充実させることが何より大事だと思っています。


これまでこのブログは「伊藤無線」として書かれていましたが、「樅の木茶屋」に衣替えします。

テーマ : 地域活性化
ジャンル : ビジネス

Secret
(非公開コメント受付中)

プロフィール

sift

Author:sift
旧中山道の板橋宿不動通り商店街にある60才以上のシニアの方の為のコミュニティーサロンの「樅の木茶屋」。人生を楽しむ為のスポットとして平成24年1月27日に開業しました。
ここにまつわること、その他いろいろなことを日々綴りたいと思います。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク